​遺言書作成

誰しも、ご自身の配偶者や子供が、相続財産について争うことはないだろうと思いたいものです。しかし現実にはそうでないケースも多々あります。

そこで、死後にご自身の意思を反映させる為の手段として、遺言は重要な手段です。

しかし、遺言を書けばその全てに効力があるわけではありません。遺言は法律で厳格なルールが定められています。せっかく準備した遺言が無効になったり、ご自身の意思に反した内容が反映されては「遺言」の意味がありません。

 

遺言は、法律で定められたルールに従い作成することが必要です。

 

今西司法書士事務所

大阪府池田市満寿美町12番4号

☎072-753-7300

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now